無添加のクレンジング

無添加のクレンジング!成分へのこだわりがすごいメイク落としは?

無添加表示

クレンジングの販売ページを見ると、「このクレンジングは7つの無添加です」なんていうふうに無添加成分が書かれているものが多いですよね。まるでそれぞれの商品が無添加の個数を競っているような感じです。

 

肌にとって、より優しく、トラブルが少ない成分で作られることはとても良いことだと思います。

 

ただ、無添加だから必ずしもいいのかというと、そうとは言えないこともあります。天然由来の自然な成分が肌に合わないという人もいるからです。

 

また、注意しなければいけないのは、無添加だからといって必ずしも化学的成分が入っていないというわけではないということ。

 

例えば、よくあるのはパラベンフリー。パラベンは、カビや細菌などの繁殖を防いだり、化粧品を腐敗させないようにする防腐剤の一種です。

 

でもパラベンフリーとなっているからといって、化学的な防腐剤が一切入っていないかというと、そうとは言い切れません。

 

もちろん自然由来の防腐剤が入っていることもありますが、パラベンに代わる化学的な防腐剤が入っていることもあります。

 

合成の防腐剤や殺菌剤の一例を挙げておくと、

メチルパラベン
エチルパラベン
ベンザルコニウムクロリド
フェノキシエタノール
ジンクピリチオン

などがあります。

 

仮に防腐剤が一切入っていないと、使用できる期間も短くなるのが普通ですし、使用するときや保管にも気を付けないと商品が早くダメになってしまうこともあるので注意が必要です。

 

表記にまどわされないためにも、自分でもある程度の化粧品の知識を身に付けておくことも大切です。

 

今はネットでなんでも調べられますし、スキンケアの教科書的な本にはけっこう詳しく書かれているのでおすすめです。

 

スキンケア本

 

では次に私が使ったクレンジングの中でも、無添加にこだわっているものをご紹介しますね!

 

商品名 無添加個数 無添加成分 商品詳細
フルリクリアゲルクレンズ

12

着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、フェノキシエタノール、アルコール、パラベン、オイル、紫外線吸収剤、旧表示指定成分、防腐剤、酸化防止剤

体験レビュー

マナラホットクレンジングゲル

7

着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラベン、紫外線吸収剤

体験レビュー

リダーマラボモイストゲルクレンジング

7

着色料、香料、鉱物油、石油系界面活性剤、アルコール、防腐剤、旧表示指定成分

体験レビュー

スキンビルホットクレンジングジェル

8

タール系色素、合成香料、鉱物油、エタノール、フェノキシエタノール、パラベン、シリコン、紫外線吸収剤

体験レビュー

ビオルガクレンジング

7

着色料、香料、鉱物油、石油系活性剤、パラベン、紫外線吸収剤、旧表示指定成分

体験レビュー

DUOザクレンジングバーム

7

合成着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、アルコール、石油系油脂、旧表示指定成分

体験レビュー

ナチュラルアロマクレンジング

7

合成着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、アルコール、シリコン、防腐剤

体験レビュー

※ここで挙げているクレンジングは、無添加と謳っている成分が7つ以上のものです

無添加に特にこだわっているおすすめのクレンジングはこれ!

フルリクリアゲルクレンズ

フルリクリアゲルクレンズ

いろいろ使ってみた中でも特に無添加にこだわっているのはフルリクリアゲルクレンズです。無添加の項目が12にもなるのを見れば一目瞭然ですよね!

 

フルリクリアゲルクレンズは防腐剤が無添加となっていますが、防腐効果の高い保湿成分を代替成分として配合しています。

 

そして、フルリの成分へのこだわりは無添加だけじゃありません。その一つがベースとなっている水です。-700mvの還元水を使用しています。

 

プラスの表示が大きいほど他の物質を酸化させやすく、マイナスの表示が大きいほど還元させやすいことを表しています。

 

つまり、フルリクリアゲルクレンズに使われている水は酸化させにくいだけじゃなく、酸化したものをもとに戻しやすい還元作用があるということです。

 

この水を使用したからこそ、これだけの無添加を実現できたみたいですね。無添加クレンジングを探しているなら間違いなくおすすめのクレンジングですよ!

 

フルリクリアゲルクレンズの公式サイトはこちらです